【一撃連チャン出玉性能】パチンコ究極審判(甘デジ)|平均出玉・平均連チャン・目安投資額・万発到達率

パチンコ一撃連チャン出玉性能

こんにちは。ぱちスク!です。

本ページでは、パチンコ究極審判(甘デジ)の一撃連チャン出玉分布について解析しています。

このコーナーでは、パチンコの各機種が理論値よりも“連チャンするのか”、“連チャンしないのか”の傾向についてデータ解析しています。
また、平均出玉、目安投資額及び勝ちやすい機種ランキングについても解析しています。ぜひ機種攻略に活用してください。




活用方法

  • 出玉データから算出した出玉中央値(*)を目安投資額の参考にする。
  • 出玉データから算出した平均出玉と、理論値から算出した平均出玉を比較し、勝ちやすい機種なのかの参考にする。
    (*)1回の大当たりで得られる可能性の高い出玉数。

 

PA究極審判[甘デジ]

機種情報・スペック

メーカー:七匠
導入日:2019/6/17~
タイプ:[甘デジ][1種2種混合]
大当たり確率:
(通常時)1/99.9→(右打ち)1/1.63
究極審判突入率:(ヘソ)50%(電チュー)100%
究極審判実質継続率:85%
時短:0 or 1回
賞球:7個
カウント数:6C
大当たり振分:

〈ヘソ〉
6R(216個)+時短1回 50%
6R(216個)+時短0回 50%
〈電チュー〉
10R(360個)+時短1回 100%

(  )内は出玉
出玉計算:6カウントx賞球7xラウンド数
(例)10R=6x6[賞球から入賞出玉1個を引く]x10=360個

 

究極審判甘デジの一撃連チャン出玉性能

一撃連チャン出玉性能は、ホールでの初当たりデータ、及びその1回の大当たり出玉数をもとに、以下の数値を解析しています。

・出玉分布図の作成

・平均出玉

・最小出玉

・最大出玉

・出玉中央値

 

理論値

  • 平均連チャン数:6.66連(究極審判突入時)
  • 平均出玉:2508個

 

実践値

  • 平均出玉 :957個
  • -1551(理論値との比較)]
  • 最低出玉 :90個
  • 最高出玉 :9050個
  • 出玉中央値:200個
    ※出玉中央値:1回の大当たりで得られる可能性の高い出玉数。
  • 万発到達率:0%(0件/500件)

 

解説

出玉データから算出した平均出玉は、理論値より低く957個でした。ただし、究極審判非突入時は含めていません。

1回の大当たりにおける出玉中央値は200個でした。目安投資額は、出玉交換率が4円なら800円(4円×200個)、3.5円なら700円(3.5円×200個)。

 

出玉分布グラフ

初当たりデータ数:500
データ取得期間:2019/6/27~6/29

 

【まとめ】PA究極審判[甘デジ]

初当たりの70%以上が1000個以下という結果が出ました。

一撃性はあるものの同じようなゲーム性のシンフォギアの甘デジよりは辛い印象です。

最初の50%を突破できなければセカンドチャンスもない事が影響してるかもしれません。

総じて厳しい機種である事は間違いないです。

 

©NANASHOW
©FIELDS

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました