【パチンコ新台2019】P義風堂々!!~兼続と慶次~2|スペック・導入日・評価

パチンコ新台2019

こんにちは!ぱちスクです。

【パチンコ新台2019】P義風堂々!!~兼続と慶次~2|スペック・導入日について、解析しています!

   

スペック義風堂々2

導入日はいつ

2019年10月7日~

 

大当たり・時短

大当り確率 1/199.80
RUSH中の
大当り確率
1/9.00
(大当り+小当り合算)
RUSH突入率 ※1 約45.1%
RUSH継続率 ※2 約83%
賞球数 3&1&4&8&13
実質ラウンド 3R or 4R or 6R or 9R
カウント 10カウント
出玉 約420 or 約520 or 約810
or 約1170 or 約1200個
※払い出し
時短 1 or 10 or 100回

※1…時短1回(約11.1%)と残保留4個(約37.6%)の合算。
※2…時短10回(約69.2%)or時短100回(約99.9%)と残保留4個(約37.6%)の合算。

 

評価

義風堂々は、直江兼続の半生を描いた作品で、パチンコには2015年に登場していて、今回は第2弾。

本機はライトミドルスペックの一種二種混合機。初当たり時は時短1回+電チュー保留4個のチャンスタイムとなり、ここで大当たりを引くことでRUSHに突入する。
RUSHは時短10回or100回+電チュー保留4個。時短100回ともなれば次回継続が濃厚となる。
右打ち中の大当たりは50%が最大ラウンド、継続率約83%と大量出玉が獲得できる可能性が魅力の台に仕上がっている。

 

関連記事

2019年パチンコ新基準の勝ちやすい台・機種ランキング|STタイプ

2019年パチンコ新基準の勝ちやすい台・機種ランキング|ライトミドルタイプ[199・256Ver.]

2019年パチンコ新基準の勝ちやすい台・機種ランキング|小当たりラッシュタイプ

2019年パチンコ新基準の勝ちやすい台・機種ランキング|確変ループタイプ

2019年パチンコ新基準の勝ちやすい台・機種ランキング|甘デジ・ライトタイプ

©原哲夫・堀江信彦・義風堂々/NSP 2008
©義風堂々2013 版権許諾証 YHZ-440
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました