ぱちスク!

ぱちんこで楽しく勝つため、初当たり狙い目回転数、一撃連チャン出玉性能を配信中!ホール行く前にチェック!☆23時頃更新予定!

【パチンコ・スロット企業分析】平和、2019年3月期1Q決算発表|2018.4~2018.6(第1四半期)


f:id:pachischool:20180811231628j:plain

こんにちは。パチンコ・スロット企業分析のコーナーへようこそ。このコーナーでは、パチンコ・スロット開発・製造・販売メーカーや、関連企業の活躍をまとめています。

決算情報|株式会社 平和|2018.8.9

2018年8月9日、パチンコ・スロットメーカーの平和さんから2019年3月期1Q(第1四半期)の決算が発表されました。

業績は次の通りでした。

  • 売上高:416.28億円(305.47)[+110.81億円(対前年同期)]
  • 営業利益:122.40億円(42.14)[+80.26億円(対前年同期)]
  • 経常利益:122.19億円(42.79)[+79.4億円(対前年同期)]
  • 四半期純利益:81.90億円(24.03)[+57.87億円(対前年同期)]

前年同期(2017.4~2017.6)に対して増収増益でした。各メーカーが落ち込む中、素晴らしいです。パチンコは、「CRジョーズ再臨」や「トキオスペジャル」で対前年同期から+1万台です。パチスロは、「不二子-A type」や「黄門ちゃまV」で対前年同期から+1.7万台です。

1年通期の業績、及び配当金(80円)は計画通りを予定しています。

7月以降では、既に導入済みの「CR綱取物語」や「パチスロ ルパン三世-世界解剖-」に加え、「CR戦国乙女5-10th Anniversary」や「CR百花繚乱-サムライブライト-」が登場予定です。どれも楽しみですね。

 

平和のこんなところに注目!

企業理念である、「これまでにない、総合レジャー企業を目指して」のこれまでにない、という部分をかなり実現している企業です。特にルパンシリーズには力を入れています。「不二子-A type-」では、ボーナス獲得枚数が己の引きで変化したり、最近発表された「ルパン三世-世界解剖-」では、5.9号機でこれまでにないタイプを創りだしました。

しばらくの間は、規制強化のためできることが限られてきますが、その中でもユーザーをあっと驚かせるような機種を生み出してくれることでしょう。

※企業分析(配当金、カジノ、株主優待など)はコチラ→もっと見る 

 

関連記事

リアルタイム株価分析情報は、下記のカテゴリーからご覧ください。

パチンコ・スロット銘柄 カテゴリーの記事一覧

 

ご留意事項

  • 当サイトは、投資の参考として一般に関する情報提供を目的としたもので、特定の金融商品の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • 当サイトは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。
  • 投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。
  • 当サイトに基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

©HEIWA