ぱちスク!

ぱちんこで楽しく勝つため、初当たり狙い目回転数、一撃連チャン出玉性能を配信中!ホール行く前にチェック!☆23時頃更新予定!

【パチンコ・スロット企業分析】アクセル、2019年3月期1Q決算発表|2018.4~2018.6(第1四半期)


f:id:pachischool:20180726201921j:plain

こんにちは。パチンコ・スロット企業分析のコーナーへようこそ。このコーナーでは、パチンコ・スロット開発・製造・販売メーカーや、関連企業の活躍をまとめています。

決算情報|株式会社アクセル|2018.7.25

2018年7月25日、パチンコ・パチスロ機のLSI(電子回路)の開発・販売しているアクセルさんから2019年3月期1Q(第1四半期)の決算が発表されました。

業績は次の通りでした。

  • 売上高:724百万円(1434)[-49%(対前年同期)]
  • 営業利益:-1258百万円(-316)[-942百万円(対前年同期)]
  • 経常利益:-1247百万円(-311)[-936百万円(対前年同期)]
  • 四半期純利益:-871百万円(-136)[-735百万円(対前年同期)]

残念ながら、前年同期(2017.4~2017.6)に対して減収減益となってしまいました。原因として、パチンコ・パチスロ市場規模の縮小によって、LSI(電子回路)の販売が減少したことを挙げられています。

この発表の影響により、本日の株価は前日比-42円の792円まで下がりました。

1年通期の業績は計画通りを予定していますが、2019年の配当は無配当になる予定です。

 

アクセルのこんなところに注目!

LSI事業を基盤に、既存技術の応用や新規事業が計画されています。注目しているのが、セキュリティ製品とブロックチェーン事業です。

昨今、ネット犯罪が増えてきているのでセキュリティの強化は必須です。2018年末にはアプリケーションの暗号化ソリューション「SHALO」を販売予定です。

また、モナコイン*・マイニングプール「VIPPOOL」の運営権の取得について協議中で、子会社の設立を検討中です。今後、高度なセキュリティシステムを提供する支援事業にも参入を検討しているようです。今は、まだ暗号通貨は一般化されていませんが、今後その利便性から普及することも考えられます。

ぜひ、アクセルさんの技術を活かしてほしいです。

*:2013年12月に誕生した国内初の暗号通貨。

 

関連記事

リアルタイム株価分析情報は、下記のカテゴリーからご覧ください。

パチンコ・スロット銘柄 カテゴリーの記事一覧

 

ご留意事項

  • 当サイトは、投資の参考として一般に関する情報提供を目的としたもので、特定の金融商品の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • 当サイトは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。
  • 投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。
  • 当サイトに基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。

©AXELL CORPORATION