ぱちスク!

ぱちんこで楽しく勝つため、初当たり狙い目回転数、一撃連チャン出玉性能を配信中!ホール行く前にチェック!☆23時頃更新予定!

2019年2月パチンコ規制緩和のウワサ|継続率上限65%が変更・撤廃?80%以上継続も復活するか?


f:id:pachischool:20180912191047j:plain

こんにちは。2018年2月からパチンコ規制が大きく変更されました。が、嬉しいニュースが飛び込んできました。2019年2月から規制緩和、継続率上限65%変更が予定されているとのことです。ここでは、その規制のウワサ(確定開示されていないため)に関して解説します。今後のパチンコライフに活かす参考になればと思います。

 

2018年2月の規制について

今年2月の規制(新規則)について振り返ってみましょう。検定試験時の出玉率、設定、上限大当たり出玉に変更がありました。

1.検定試験時の出玉率と計算方法

f:id:pachischool:20180912192414j:plain

検定基準に4時間が加わり、出玉率は40%超~150%未満です。金額にすると、約5万円(12500個以下)の勝ちに抑えらています。

この出玉率について解説します。出玉率とは、「払出出玉/払入出玉」です。4時間遊遊技するとしましょう。払出出玉は、パチンコ機から得られる出玉です。払入出玉は、パチンコ機に入れる出玉です。

パチンコの発射玉数は、1分あたり100玉で作られています。そのため、最大1時間(60分)あたりに100玉×60分=6000玉です。4時間だと、6000玉/時間×4=24000玉です。これが払入出玉になります。

新規則では、4時間あたり150%までの払出出玉ができるため、最大24000玉×150%=36000玉出せます。勝ち分は、36000玉-24000玉=12000玉となるため、5万円未満の計算となります。

上記の計算には、ヘソでの払戻玉や、ポケットでの払戻玉を考慮していないです。この規制により高速でめっちゃ出ることは少なくなります。

 

蛇足ですが、1時間あたりの出玉を改正前と新規則で比較しましょう。

  • 改正前:6000玉×300%=18000玉
  • 新規則:6000玉×220%=13200玉

新規則でも1万発は達成できるため、時間の限られた方は、勝ち逃げするのが良いかもしれませんね。

 

さらに蛇足ですが、新規則では最低出玉率が試験に追加されています。改正前だと6000玉ノーヒットのパチンコはOKでした。新規則では1時間なら33%なので、6000玉×33%=1980玉は払い出さなければなりません。そのため、大当たりはしやすいパチンコ機になっていると言えます。(実際のホールに登場してみてからでないとわかりませんが…)

出玉対応した新規則機・第一弾は、サミーさんから登場する「P宇宙戦艦ヤマト」のようです。導入後の出玉に注目です。

 

2.設定付と上限大当たり出玉

設定付パチンコが可能になりました。6段階まで搭載できます。すでに下記の機種の導入が決まっていますね。

【機種情報2018】Pスーパー海物語IN沖縄2(沖海2)[6段階設定|甘デジ・ライトタイプ]|スペック・小当たりラッシュ・信頼度・設定判別・PV・動画実践他

【機種情報2018】CR地獄少女-宵伽(よいのとぎ)-[6段階設定|甘デジ]|スペック・小当たりラッシュ・信頼度・設定判別・設定変更見分け方・PV・動画実践他

【機種情報2018】PAミルキーバー[甘デジ|6段階設定]|スペック・信頼度・設定判別・PV・動画実践他

【機種情報2018】PAフェアリーテイル[6段階設定|甘デジ]|スペック・小当たりラッシュ・信頼度・設定判別・PV・動画実践他

【機種情報2018】PA喰霊(がれい)-零-葵の上(あおいのうえ)[6段階設定|甘デジ]|スペック・小当たりラッシュ・信頼度・設定判別・PV・動画実践他

【機種情報2018】PF革命機ヴァルヴレイヴ(バルブレイブ)-6段階設定Ver.-|スペック・信頼度・PV・動画実践・設定判別他

どれも甘デジやライトミドルをベースに設定を付けたタイプです。昔、パチンコに設定があった時代はミドル(1/320)をベースしていました。果たしてミドルをベースにした設定付パチンコを開発するのは、どのメーカーでしょうか。

 

1回の上限大当たりは次の表のように変わっています。日付は、保通協(パチンコ台を検定する協会)の検定通過日です。

  ~1/31 2/1~
ラウンド数 16R 10R
カウント数 10C 10C
賞球 15個 15個
出玉 2400玉 1500玉
実質出玉* 2240玉 1400玉

*実質出玉=ラウンド数×カウント数×賞球数
(例)10R=10×10×14[賞球から入賞出玉1個を引く

最大出玉が2400玉から1500玉に減少します。900個(4円なら3600円分)の差があります。これは結構大きな変化です。

 

2019年2月の規制緩和について

前置きがだいぶ長くなってしました。今回ウワサとなっているのは、確変継続率(実質継続率)の上限変更です。今は65%ですよね。この65%の上限が変更される見込みとのことです。何%までOKかはまだ不明です。

2018年2月の新規則の「最大出玉1500玉×継続率65%」だとパチンコ機に多様性がなくなってしまう気がします。その結果、どのメーカーも横並びになり、パチンコ業界の衰退、ひいては派生する商業も衰退してしまう可能性があります。

パチンコは、パチンコ機だけの経済だけなく、関連するアニメ、映画、グッズなど多くの経済発展に寄与しています。その点は、間違いないです。代表例はCR牙狼。「パチンコ機売れる→版権収入が得られる→牙狼の映画やTVが作れる→パチンコ機続編→版権収入が得られる→・・・」。経済循環です。

ですので、まだ正式発表ではありませんが、この継続率65%の上限変更は良いと思います。最大出玉制限もあるので、射幸心をおさえつつ、パチンコ機の多様性を保てると期待しています!

 

関連記事

【重要】2018年2月パチンコ規制まとめ解説|出玉1500個・4時間規制・設定・封入式パチンコ