ぱちスク!

ぱちんこで楽しく勝つため、初当たり狙い目回転数、一撃連チャン出玉性能を配信中!ホール行く前にチェック!☆23時頃更新予定!

【機種情報2017】CR蒼天の拳-天羅-|潜伏確変見分け方(潜伏確変時システム)・スペック・PV・動画実践他[11/11更新]


f:id:pachischool:20170912223004j:plain

こんにちは。
機種情報2017のコーナーへようこそ。このコーナーでは、パチンコの新台に関する情報の共有を目的に作成しています。

 

 

CR蒼天の拳-天羅-

メーカー:サミー
導入日:2017/11/6~

北斗の文句は俺に言え!でお馴染みの蒼天の拳に早くも新台が登場です。前回は、1/319でST突入率62%のショートSTタイプでした。さて、今回はどんなスペックなのか?!

 

スペック

タイプ:[ライトミドル][確変ループ(潜伏ループあり)]
大当たり確率:
(通常)1/150.0→(確変)1/70.2
確変突入率:95%
※確率変動は10000回転まで
確変リミッター:6回
時短:0 or 100回
賞球:15個
カウント数:8C
出玉:8R…896個、4R…448個、2R…112個
大当たり振分:

<ヘソ>
4R確変A、B:図柄(数字)揃い
2R確変A-D、2R通常:特殊図柄(青幇 or 伝承者)揃い

  電サポ回数(リミット到達前) 電サポ回数(リミット到達時) 振分
低確&電サポなし 高確&電サポなし 高確&電サポなし 電サポなし 電サポあり
4R確変A 10000 10000 10000 100 100 0.8%
4R確変B 100 100 10000 100 100 3.2%
2R確変A 10000 10000 10000 100 100 1.2%
2R確変B 100 100 10000 100 100 17.2%
2R確変C なし なし 10000 なし 100 66.6%
2R確変D 100 なし 10000 なし 100 6.0%
2R通常 100 100 100 100 100 5.0%

<電チュー>

  電サポ回数(リミット到達前) 電サポ回数(リミット到達時) 振分
低確&電サポなし 高確&電サポなし 高確&電サポなし 電サポなし 電サポあり
8R確変 10000 10000 10000 100 100 25%
4R確変 10000 10000 10000 100 100 70%
4R通常 100 100 100 100 100 5%

※複雑なシステムなので、潜伏確変時システムを参考にしてください。

 

スペックは、リミッター付の確変ループタイプです。確変変動率は95%です。大当たりリミッターは6回です。6回大当たり後は100回の時短に突入します。

確変は10000回転ですが、実質次回の大当たりまで継続するでしょう。いかに5%の通常を引かずにリミット到達するか、そして時短で引き戻せるか勝利の鍵です。

 

潜伏確変時システム 

非常に難解です。落ち着いてみていきましょう。初当たりの経路は、大きく分けて2パターンあります。

  1. 図柄(数字)揃い
  2. 特殊図柄(青幇or伝承者)揃い

図柄揃い大当たり後は、蒼天RUSH(4R確変)突入確定です。しかし、電サポ100回まで(潜伏確変)の振り分けもあります。

特殊図柄揃いの大当たりは、チャレンジ成功で蒼天RUSH(確変or通常)突入します。チャレンジ失敗で潜伏確変、または通常大当たり(時短なし)があります。

完全に潜伏確変を見分ける方法は、まだわかっていませんが場合分けして考えると、通常か潜伏かの推定はできます。

  1. 図柄揃い
    図柄揃いで電サポが100回転で終了した場合は潜伏確変が濃厚です。(ただしリミット到達時を除外)

  2. 2R大当たり(電サポなし)
    大当たり後は潜伏確変が濃厚です。(ただし、リミット到達時の「2R・電サポなし」大当たりを除外)

  3. 2R大当たり(電サポ100回)
    電サポ終了後は、潜伏確変か通常が見分けがつきません。潜伏確変が23.2%、通常が5%の振り分けです。

  4. 電サポ中の大当たり後
    電サポ終了後は、通常確定です。いまのところ、ここが確実なやめどきです。

 

PV

なし。

 

実践動画

youtu.be

 

初当たり狙い目回転数

【初当たり狙い目回転数】CR蒼天の拳-天羅-|当たりやすい回転数[完全解析] - ぱちスク!

 

一撃連チャン出玉性能

【一撃連チャン出玉性能】CR蒼天の拳-天羅-|平均出玉・平均連チャン・目安投資額 - ぱちスク!

©原哲夫・武論尊/NSP 2001, 版権許諾証YHK-818 ©Sammy